デリケートゾーンのにおいが気になる女性に。その原因5つと対策法

更新日:

デリケートゾーンのにおいが気になる女性に。その原因5つと対策法

気になるデリケートゾーンのにおい。

ネットを見れば「この商品を使えば改善の効果が期待できる!」などといった見出しが溢れていますが、まずは原因を把握して、それに対する対処をすることが一番大事です。

今回は5つの原因、それに対する対処法をまとめてみました。

 

デリケートゾーンのにおいの原因5つ

女性が感じるデリケートゾーンのにおいの原因として、以下の5つがあげられます。

 

ムレによる菌の繁殖

女性の膣内には元々常在菌(主にデーデルライン桿菌と言われる乳酸菌)が存在しており、それにより体の中に悪い菌(悪玉菌)が侵入しないようになっています。

悪玉菌が増えてバランスを崩してしまうと、悩みの元であるにおいを発生させてしまいます。

汗をかいてムレることで悪玉菌は繁殖してしまうので、ワキやデリケートゾーンなど汗がこもってしまいがちな場所に発生するのです。

女性はストッキングなどを着用したり、特に生理時にはナプキンを着用するので下着の通気性が悪くなり、デリケートゾーンに汗がこもりがちになってしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れ

精神的ストレスを感じたり、睡眠時間が乱れたりするとホルモンバランスが崩れてしまいます。

これにより悪玉菌が急激に繁殖してしまい、デリケートゾーンのにおいに繋がってしまいます。

また、加齢によりホルモンバランスが乱れやすくなり、女性ホルモンの分泌が低下するだけでなく男性ホルモンが優位に働くため、より汗が分泌されてデリケートゾーンのにおいがキツくなってしまうのです。

ホルモンバランスが乱れやすくなっている生理中などは特に注意が必要です。

 

食生活によるもの

食べ物には体から分泌される汗のにおいを強くしてしまうものがあります。

日によってキツかったりそうでなかったり、不規則な場合は食生活の乱れが原因となっている可能性が高いです。特に肉類などの脂肪分が含まれている食べ物の食べ過ぎには注意が必要です。

また、アルコールはにおいを悪化させてしまうだけではなく、ベタベタとした質の悪い汗になってしまいます。

デリケートゾーンだけでなく全身の汗のにおいの元になりますので、食生活には要注意しましょう。

 

病気である可能性も

膣カンジダ症やトリコモナス膣炎、クラミジア感染症などの性病が原因でデリケートゾーンににおいを感じることがあります。

パートナーとの性交渉によるものもあれば、タオルが不潔になっていたりホルモンバランスの乱れによって起こる病気もあるので、少しでもデリケートゾーンに異常を感じたら産婦人科で受診してもらいましょう。

 

すそわきがによるもの

「すそわきが」と呼ばれる症状が存在し、これは一般的なワキガと同じ原因でデリケートゾーンににおいを発生させています。

元々、人間の体はワキガになりやすい体質の人とそうでない人に分かれていて、上記のような食生活の乱れ・ホルモンバランスの乱れなどによりデリケートゾーンのにおいを悪化させていきます。

すそわきがも同じ原理で発生するものなので、病院で治療をすることも可能です。

 

 

デリケートゾーンのにおいを解決する効果的な対処法は?

デリケートゾーンのにおいの原因を簡単にまとめてみました。

その中で、女性自身の努力で改善できる原因も多くあります。

自分のにおいの原因は何なのか。原因を特定したうえで、できることから以下の対処法を始めましょう♪

 

ムレを改善する

汗をコントロールすることでデリケートゾーンのにおいを効果的に抑えることができます。

そのためにはまず日常生活をより健康的で規則正しくする必要があります。例えば、普段外食や飲み会などが多い方は脂質を過剰に摂取してしまっている可能性があるので、居酒屋などでカロリーの高いものを控え、キャベツなどのビタミンCを含むおつまみを積極的に食べましょう。自宅ではなるべく自炊を意識し、朝ご飯に果物を摂るとよりにおいを発生させにくくなります。

 

また、汗をこもらせないようなるべく通気性の良い女性用下着を着用しましょう。夏や生理中などどうしても汗をかきやすい時期は、デリケートゾーン専用のウェットシートなどを常備しこまめに水分をとるとムレにくくなります。

とにかく汗をかいて放置することがないよう心がけてくださいね。これらはすそわきがの対策としても効果的なのでおすすめですよ。

 

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整える上で意外に大事なのが睡眠時間です。

就寝時間をズラさないように気を配ることはもちろん大切ですが、女性の中には睡眠不足でなかなか寝付くことができない方もいると思います。

ホルモンバランスが乱れていると、デリケートゾーンの問題だけでなく不安感などで睡眠障害を引き起こしてしまうことがあるからです。

効果的な対処法としては、寝る前にアロマを焚いたり入浴時にリラックス効果のある入浴剤を使用して気持ちをリフレッシュさせましょう。特にお風呂にゆっくり浸かることで汗の質が上がり、夜ぐっすり眠ることもできて一石二鳥ですよ。

 

デリケートゾーンの病気を予防する

病気に気づかないまま放置してしまうとデリケートゾーンの問題だけでなく別の病気を併発してしまう危険性が高まります。

特に多くの女性が経験する妊娠・出産において不妊の原因になり得ることもあるので、そうならないためにも身の回りのデリケートゾーンに触れるものは常に清潔に保ちましょう。

実家暮らしの方や同居している方は同じタオルを何回も使い回すことを控え、こまめに洗いましょう。また、パートナーとの性行為の際は避妊道具を必ず使用してください。

 

おわりに:デリケートゾーンを清潔に保ち、毎日健康に過ごしましょう!

デリケートゾーンのにおいは私生活に大きく影響します。女性の中にはにおいに対する悩みがストレスになり、それがさらににおいを悪化させどんどん悪循環を生み出してしまうこともあります。

ですので、日常生活を健康に保つことはデリケートゾーンのにおいを改善するだけでなく、心や体に良い影響をたくさんもたらしてくれます。

自分の原因は何なのか、今一度体と向き合って悩みを解消していきましょう!

-原因と対策

Copyright© 【彼氏を虜にさせる】デリケートゾーンのにおいを消す対策と原因 , 2017 AllRights Reserved.